矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2017.02.16

自治体向けソリューション市場に関する調査を実施(2017年)

マイナンバーに加えて新たな需要を背景に、自治体向けソリューション市場は成長

自治体向けソリューション市場概況

  • 2014年度は、個人番号利用・個人番号カード交付の社会保障・税番号制度(マイナンバー)への対応の必要性から、各地方自治体は、個別の状況に応じてマイナンバー制度への準備を開始し、2014年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比8%増の6,102億円となった。一方、マイナンバー制度への対応方針が決まらないことなどにより対応が遅れる自治体や、システム設計の段階で留まっている自治体も多かった。
  • 2015年度は、2015年10月に国民へマイナンバーが通知され、前年度同様にマイナンバー制度対応のための案件受託が増加した。また、総務省から「統一的な基準による地方公会計マニュアル」が公表され、地方自治体において「地方公会計標準ソフトウェア」導入準備など新地方公会計制度対応が進められた。さらに、総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームによる報告「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて」において、情報セキュリティ対策の抜本的強化が求められ、具体的な指針として「自治体情報システム強靭性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウドの構築」が示されたことで、セキュリティへの対策需要が増加した。
    こうした複数の需要により、2015年度の同市場規模は、前年度比3.2%増の6,297億円となった。
  • 2016年度は、前年度同様に新地方公会計制度対応と情報セキュリティ対策の抜本的強化に関連する案件が増加している。また、国民健康保険の運営主体が市町村から都道府県へ移管されることに伴い、「国保保険者標準事務処理システム」(都道府県、市町村、国民健康保険団体連合会が運用する各電算処理システムの総称)の開発案件も増えているため、2016年度の同市場規模は、前年度比0%増の6,425億円となる見込みである。

【図表:自治体向けソリューション市場規模推移予測】

【図表:自治体向けソリューション市場規模推移予測】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2016年度は見込値、2017年度以降は予測値
  • 注:市場規模には、ハードウェア、ソフトウェア、SI、サービスサポート、要員派遣などを含む。

自治体向けソリューション市場予測と展望

  • 2017年度は、新地方公会計制度対応や情報セキュリティ対策の抜本的強化、国保保険者標準事務処理システムに関わるシステム改修を前年度内に実施できなかった地方自治体が、システムの改修に取り組んでいくと見込まれるため、2017年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比5%増の6,457億円と前年度並みの市場規模を維持すると予測する。
  • 2017年度~2020年度は、マイナンバー関連では、2017年1月にマイナポータルがオープンし、7月には国・地方自治体のオンラインでのマイナンバーを活用した情報連携、2018年には健康保険証とマイナンバーカードの一体化が予定されており、マイナンバーの利活用により新たなサービスが創出されていき、それに伴って地方自治体のシステム開発が進められていくと予測する。また、システム運用に関わるBPO需要の拡大や、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた公共インフラの老朽化への対応、訪日外国人客の増加による観光関連やセキュリティ対策の強化などが、中長期的な需要拡大要因として期待できる。
  • 一方、中小規模のみならず大規模な地方自治体でもクラウド活用が検討されており、今後クラウド化が進むことで自治体におけるシステム運用コストの削減が進んでいくと考える。そのため、2017年度から2020年度では同市場規模はほぼ横這いの推移になると予測する。
  • 2013年度から2020年度までの自治体向けソリューション市場の年平均成長率(CAGR)は3%で推移し、2020年度の同市場規模は6,360億円になると予測する。

関連リンク

■レポートサマリ
自治体向けソリューション市場に関する調査結果2016
自治体向けソリューション市場に関する調査結果2015
自治体向けソリューション市場に関する調査結果 2014
BPO市場・クラウドソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)


調査要綱

調査期間:2016年11月~2017年1月
調査対象:自治体向けソリューション提供事業者、全国の地方自治体等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・eメールによる取材・調査、ならびに文献調査を併用

自治体向けソリューションとは:自治体向けソリューションとは、地方自治体で導入される情報システムのことであり、その市場規模には、ハードウェア、ソフトウェア、SI、サービスサポート、要員派遣などを含む。地方自治体側の費目で見ると、機器購入費、委託費、安全対策費、各種研修費用などが該当するが、職員の人件費は含まない。

関連マーケットレポート
石塚 俊(イシヅカ タカシ) 主席研究員
「業界関係者の方が把握すべき情報、知りたい情報とは何なのか」と常に考えながら、調査活動を行っています。「もっとこのような情報が欲しい」などといったご要望がありましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422