矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Yano ICT調査レポート

発刊レポート一覧


2016.11.30

2017 コールセンター市場総覧 ~サービス&ソリューション~

サービスに対する消費者の要求レベルの高まりによって、顧客との接点となるコールセンターの存在を重視する企業が増えている。本調査レポートでは、テレマーケティングサービスのアウトソーシング事業者28社とコンタクトセンター/CRMソリューションの有力ベンダ23社を直接取材し、各社の戦略を取りまとめるとともに、当該市場の現状と将来を分析した。さらに、コンタクトセンターにおけるAIの活用の実態と展望について調査し、オペレーター代替としてのAIの活用が進む分野と進まない分野、AIの活用が進む状況下でのテレマーケティング事業者及びソリューションベンダの戦略、ユーザー企業のコンタクトセンターにおけるAIの活用事例、などについて掲載した。

2016.10.28

2016-2017 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場へ参入している業界は、IT、コールセンター、人材派遣、印刷に加え、コンサルティング、倉庫など多岐にわたる。BPOは欧米と比較して日本での活用事例は少ないものの浸透しつつあり、国内における人材不足の影響や外資企業の日本市場参入などを背景として今後の需要拡大が期待できる。そのため、多くの事業者がBPOに取り組み、自社のサービス範囲の拡大に努めている。 本調査レポートでは、BPOの「専業者」のみならず、「IT系BPO事業者」、「印刷系BPO事業者」、「コールセンター系BPO事業者」、「会計系BPO事業者」、「事務書類系BPO事業者」、「人事系BPO事業者」、「人材派遣系BPO事業者」、「オフショア系BPO事業者」、「倉庫系BPO事業者」、「福利厚生系BPO事業者」、「DM系BPO事業者」、「営業系BPO事業者」、「マイナンバー対応BPO事業者」、「OCRデータエントリーBPO事業者」、「クラウドソーシング事業者」など多様なタイプの「BPO事業者63社」に取材しており、内容の充実化に努めている。 また、今回の調査レポートでは、BPOサービスを「IT系BPO」、「コンタクトセンター」、「ヘルプデスク」、「フルフィルメント」、「人事」、「福利厚生」、「総務」、「経理」、「購買・調達」、「営業」、「コア部門の単純業務」、「業界固有業務」、「その他」の「13セグメント」に分け、市場規模を予測した(2014年度~2020年度)。さらに、「主要BPO事業者」の事業規模及びシェアも推計している(2014年度~2016年度)。 そのほか、特集として「マイナンバー対応BPO」、「OCRデータエントリーBPO」、「クラウドソーシング」について取り上げ、各々についても市場規模を推計している。

2016.10.27

2016年版 CAD/CAM/CAEシステム市場の中期展望

本調査レポートは、CAD/CAM/CAE市場のプレイヤー90社の製品別売上データを掲載し、日本国内の市場規模、シェアなどを網羅的に把握できる調査レポートです。

2016.07.29

2016 ERP市場の実態と展望

ERPはいったん導入されると10年以上など長期にわたって利用されることも少なくないが、昨今企業の経営環境が急速に変化するなかで、コスト削減や経営判断迅速化のために基幹システムを見直す動きが進んでいる。そのような動きと平行して、緩やかに進むクラウドへのシフトも注目される。外資系パッケージを中心に、クラウドネイティブの「モダンERP」がリリースされており、変化への要請に対応するものとなっている。本調査レポートでは、2015年までの市場規模と2016年(見通し)の市場動向予測、顧客企業規模別/モジュール別等による詳細なパッケージシェア、主要ERPパッケージベンダーの個票などの豊富なデータなどを掲載した。

2016.07.29

2016 クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場の実態と展望

本調査レポートでは、普及期に入ったパブリッククラウドの状況や、市場を牽引するPaaS、IoTプラットフォーム、パートナープログラム等によるエコシステムの拡大、SIerのクラウドビジネスについて調査し、クラウドベンダーなどの現状や展望を考察した。

2016.07.29

2016 ITアウトソーシング市場総覧 ~オンサイト運用保守/データセンター/クラウド~

ITアウトソーシングサービス市場では、これまで安定的な収益源であった「オンサイト保守サービス」市場がハードウェア単価の低下によって縮小傾向にあるため、「データセンターサービス」や「クラウドサービス」を含む「運用サービス」に力を入れる事業者が増加するなど、市場のセグメント構造が変化している。本調査レポートでは、「オンサイトハードウェア運用」「オンサイトソフトウェア運用」「オンサイトハードウェア保守」「オンサイトソフトウェア保守」「ハウジング」「ホスティング」「データセンターハードウェア運用」「データセンターソフトウェア運用」「データセンターハードウェア保守」「データセンターソフトウェア保守」「IaaS(Infrastructure as a Service)」「PaaS(Platform as a Service)」「SaaS(Software as a Service)」の13のセグメント別に市場規模の将来予測(2014年度~2019年度)を実施した。またそれぞれのセグメント別の主要参入事業者のシェアを推計した。

2016.05.31

2016 CAE市場の実態と展望

コンピューティングパワーの増大、データの重要度の高まりなどを背景に、CAEツールの注目度が挙がっている。また、ユーザー側でも開発リードタイムの短縮、開発コスト圧縮といった観点から、CAEツールはなくてはならないものになりつつある。本調査レポートでは、解析種類別にCAEツールの詳細販売動向を掲載するとともに、直近の市場動向について徹底解説した。

2016.03.31

2016年度版 国内MVNO・SIMフリー・中古端末市場動向調査

総務省が主導する有識者会議(タスクフォース)の諮問内容が公表され、大手通信事業者に対し、スマートフォン料金低廉化、実質0円・キャッシュバック廃止、MVNOへの顧客管理システム解放を求めた。2016年度以降、携帯電話ビジネスは大きな変化がもたらされ、MVNOビジネス、SIMフリー端末市場の活性化が期待されるが、大手通信事業者はサブブランドを強化することでMVNO対策を強化している。一方で中古携帯電話市場について、MVNOへの関心の高まり、SIMロック解除義務化等を受け順調に拡大してきたものの、携帯電話ビジネスの変化を受け不透明になりつつある。本調査レポートではMVNO、SIMフリー中古端末市場に焦点を充て国内携帯電話市場の変化を分析することを目的とした。

2016.02.25

2016 自治体向けソリューション市場の実態と展望

「社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入」の影響により、公共分野においてソリューションへのニーズが高まっている。本調査レポートでは、自治体向けソリューションを提供する有力ベンダ14社を取材するとともに、地方自治体に対してアンケートを実施し418団体から回答を得た。ソリューションの提供側と利用側の双方から調査を実施し、自治体向けソリューション市場の実態把握と将来予測を行った。また自治体向けソリューション参入事業者124社の簡易個別票(ソリューション紹介)も掲載した。

2016.02.17

2016 グローバルアウトソーシング市場の実態と展望

国内ITベンダの競合に、海外のグローバルITベンダが入ってきており、グローバルでの競争を意識する必要が出てきている。このような現状を背景として、グローバルで活躍する各国の有力ITベンダの動向や今後の市場展望などに関する調査を実施した。グローバルでの市場規模推移をサービスセグメント別(ソフトウェア・システム開発、システム運用・データセンター、BPO)、エリア別(北米、EMEA、APAC、南米)に予測するとともに、各国の有力ITベンダの売上高を推計した。また各国の有力ベンダ20社の動向を掲載した。

2016.02.16

2015-2016 FinTech市場の実態と展望

米国や英国を中心にFinTech(Financial Technology)が盛り上がりをみせる中、日本でも2014年から2015年にかけて大手金融機関や大手ITベンダーを中心にさまざまなFinTech関連のイベントが開催され、同分野のスタートアップの取組みに大きな関心が寄せられている。また産業界のみならず、金融庁を中心とした銀行法の改正のほか、自民党でも2015年12月にフィンテック推進議員連盟を創設するなど、官民による動きが活発化している。 本調査レポートでは、当社でのFinTechの定義や、FinTechを取り巻くプレーヤーである、銀行や証券などの金融機関のほか、大手ITベンダー各社の動向、領域別のFinTechスタートアップの動向について実態を掴むと同時に、今後の方向性を展望した。加えて、FinTechベンチャー企業の市場規模について2020年までの予測を示した。

2016.01.22

2016 コールセンター市場総覧 ~サービス&ソリューション~

サービスに対する消費者の要求レベルの高まりによって、顧客との接点となるコールセンターの存在を重視する企業が増えている。本調査レポートでは、テレマーケティングサービスのアウトソーシング事業者27社とコンタクトセンター/CRMソリューションの有力ベンダ21社を直接取材し、各社の戦略を取りまとめるとともに、当該市場の現状と将来を分析した。今回のレポートでは、前年版よりもさらに掲載企業数を増加させた。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422