矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Yano ICT調査レポート

発刊レポート一覧


2015.12.28

2015年版 リテールソリューション市場レポート ~ビッグデータソリューションの市場動向~

本調査レポートでは、特に近年注目されているビッグデータソリューションに対する各ソリューションベンダーの戦略と、小売業者のニーズを明らかにする。その上で、小売業界において求められるビッグデータソリューションのあり方を探った。

2015.12.07

2015 国内企業のIT投資実態と予測

本調査レポートは、国内における民間IT投資市場規模を推定するとともに、国内のIT投資実態について民間企業を中心(一部自治体等含む)に調査することで、日本のIT市場の現状および今後の動向について分析するための基礎資料とする。

2015.11.26

2015-2016 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場へ参入している業界はSI、コールセンター、人材派遣、印刷、コンサルティング、倉庫など多岐に亘る。BPOは欧米と比較して日本での活用事例は少ないものの浸透しつつあり、国内における人材不足の影響や外資企業の日本市場参入などを背景として今後の需要拡大が期待できる。そのため、多くの事業者がBPOに取り組み、自社のサービス範囲の拡大に努めている。本調査レポートでは、BPOの「専業者」のみならず、「IT系BPO事業者」、「印刷系BPO事業者」、「コールセンター系BPO事業者」、「会計系BPO事業者」、「事務書類系BPO事業者」、「人事系BPO事業者」、「人材派遣系BPO事業者」、「オフショア系BPO事業者」、「倉庫系BPO事業者」、「福利厚生系BPO事業者」、「DM系BPO事業者」、「営業系BPO事業者」、「マイナンバー対応BPO事業者」など多様なタイプの「BPO事業者56社」に取材しており、内容の充実化に努めている。また、今回の調査レポートでは、BPOサービスを「IT系BPO」、「コンタクトセンター」、「ヘルプデスク」、「フルフィルメント」、「人事」、「福利厚生」、「総務」、「経理」、「購買・調達」、「営業」、「コア部門の単純業務」、「業界固有業務」、「その他」の「13セグメント」に分け、市場規模を予測した(2013年度~2019年度)。さらに、「主要BPO事業者」の事業規模及びシェアも推計している(2013年度~2019年度)。その他、新しいトピックとして「マイナンバー対応BPO」について取り上げた。

2015.11.10

2015-2016 事業継続/防災ソリューション市場の実態と展望

東日本大震災以降、事業継続/防災対策に取り組む企業が増加傾向にある。さらに、2020年のオリンピック・パラリンピック開催地が東京に決まったことで、多くの企業が事業継続計画の見直しに取り組む可能性が出てきた。それは、オリンピックでは、「テロ」以外にも、大量に押し寄せる観光客による交通網の麻痺や、通信回線のダウンなど、諸々のリスクが想定されるためである。本年版の調査では「サイバーテロ対策」である「情報セキュリティサービス」についても取り上げた。

2015.10.30

2015 AI(人工知能)・ビッグデータによる市場変革と将来展望

昨今注目を集めるAI(人工知能)。機械学習やディープラーニングなどAI技術の進展や、ビッグデータの活用拡大などを背景に、加速度的な進化がみられる。現時点では過度な期待や漠然とした不安も含め、市場は黎明期だが徐々に実業務への適用も開始され、実用化への可能性が見えてきた。本調査レポートでは、将来的にAIがどのような業種・業務に適用され、経済的なインパクトをもたらすかを考察した。

2015.10.30

2015年版 CAD/CAM/CAEシステム市場の中期展望

本調査レポートは、CAD/CAM/CAE市場のプレイヤー95社の製品別売上データを掲載し、日本国内の市場規模、シェアなどを網羅的に把握できる調査レポートです。

2015.10.23

2015 ヘルプデスクアウトソーシング市場の実態と展望

本調査レポートでは、テクニカル系ヘルプデスクサービスについて取り上げた。テクニカル系ヘルプデスクサービスとは、業務システムや社内のIT機器に関する質問や問い合わせ、要望、不具合などへの対処要請などを電話等を経由して受け付けるサービスであり、提供事業者は「コールセンター事業者」や「システム運用保守サービス提供事業者」などである。

2015.08.31

2015 ITアウトソーシング市場総覧 ~オンサイト運用保守/データセンター/クラウド~

ITアウトソーシングサービス市場では、これまで安定的な収益源であった「オンサイト保守サービス」市場がハードウェア単価の低下によって縮小傾向にあるため、「データセンターサービス」や「クラウドサービス」を含む「運用サービス」に力を入れる事業者が増加するなど、市場のセグメント構造が変化している。本調査レポートでは、「オンサイトハードウェア運用」「オンサイトソフトウェア運用」「オンサイトハードウェア保守」「オンサイトソフトウェア保守」「ハウジング」「ホスティング」「データセンターハードウェア運用」「データセンターソフトウェア運用」「データセンターハードウェア保守」「データセンターソフトウェア保守」「IaaS(Infrastructure as a Service)」「PaaS(Platform as a Service)」「SaaS(Software as a Service)」の13のセグメント別に市場規模の将来予測(2013年度~2018年度)を実施した。またそれぞれのセグメント別の主要参入事業者のシェアを推計した。

2015.06.30

2015 IoT時代の製造業ITソリューション -インダストリ4.0など次世代ものづくりとITベンダの戦略-

IoT時代の製造業ITソリューションとして、Industrie4.0、Industrial Internetといった次世代のものづくりが脚光を浴びている。国内ではIoT/M2Mに注目があつまり、生産現場や機器にいかにセンサーを取り込むかという論点が主流だが、それ以上に重要なのはソフトウェアである。本調査レポートは、Industrie4.0など次世代ものづくりの解説とともに、それに向けたITベンダの戦略を分析する。

2015.06.30

2015年版 商品券・ギフト券/ソーシャルギフト市場の実態と展望

本調査レポートでは、従来の商品券・ギフト券の発行事業者に加え、ソーシャルギフトサービスの提供事業者を対象に調査を進め、ソーシャルギフトの普及により、従来の商品券・ギフト券のニーズがどのように変化するか、そして、コミュニケーションをリッチにする新型のギフトサービスがどの程度ニーズを捉えていくかを把握することで、プリペイドギフトの方向性を展望した。

2015.06.30

2015 ERP市場の実態と展望

ERP市場を詳細に把握できる調査レポートとして、1999年以来、10年以上の実績がある。ERPベンダー23社への取材に基づき、2017年までの市場予測、業種別・企業規模別の市場動向、顧客企業規模別/モジュール別等による詳細なパッケージシェア、主要ERPパッケージの2013年~2015年予測の実績データと事業戦略などの豊富な情報を掲載した。加えて、担当研究員が市場動向と将来予測、ユーザ企業のシステム導入実態やニーズに関する分析を行った。クラウド化の進展やマイナンバー制度による影響も注目のトレンドとなる。

2015.06.10

2015 クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場の実態と展望

本調査レポートでは成長が続くクラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場を牽引するPaaSやエコシステム拡大の状況、などについて調査し、クラウドベンダーやクラウドインテグレーター、クラウドブローカーの現状や展望を考察した。

2015.03.30

2015 情報システム子会社の実態 ~アンケートからわかる子会社の経営状況と親会社との関係~

情報システム子会社の経営における参考指標を提供。情報システム子会社89社、親会社62社にアンケートを実施して情報システム子会社の経営実態を徹底分析するとともに、親会社の子会社戦略も調査。算出したデータから情報システム子会社のあるべき姿を検証した。

2015.03.17

2015 PLM市場の実態と展望

PLM(Product Lifecycle Management、製品ライフサイクル管理)が注目を浴びている。その背景にあるのは、製造業の好調な業績である。円安効果も影響して、製造業のIT投資は増加傾向にあるが、なかでも期待されるのがPLM市場である。

2015.03.10

2015 ERP/業務ソフトウェアの導入実態 -会計、人事、販売、SCM、CRM-

「財務・会計システム」「人事・給与システム」「販売管理システム」「生産管理システム・SCM」「CRM・SFA」の5分野について、ユーザ企業へのアンケート調査からシステムの導入実態を調査した。「システム導入は10年に一度の大イベント」「重厚長大」といったイメージも残るERP・基幹システムだが、経営環境の変化が加速する中、自社開発からパッケージへの切り替え、カスタマイズの軽減、グローバル化への対応、クラウドの利用などが求められるようになり、スピーディに変化に対応できるシステム導入が求められるようにもなっている。本調査レポートでは、各分野ごとにシステム導入形態、導入しているパッケージ名、システム導入時期、更新計画の有無、SaaSの利用意欲、パッケージの評価などを調査し、基幹システム導入の実態と今後の動向を分析している。また、2012年にも同様のユーザ調査を行っており、データの比較により経年変化を捉えている。

2015.03.10

2015 情報システム子会社の経営環境と戦略展望

クラウド化やオフショア化の進展などにより、情報システム子会社の存在意義が改めて問われ始めている。情報システムのあり方に変化が起こりつつある今、情報システム子会社にとってどのような経営戦略が望ましいのか。情報システム子会社18社を取材し、各社の戦略を分析。また親会社11社も取材し、親会社から見た情報システム子会社のあるべき姿も調査した。さらに情報システム子会社の社数、情報システム子会社の市場規模(売上高規模)などの推計も実施した。

2015.02.10

2015 データセンター事業の実態と投資動向

震災以降、事業継続対策を目的にしたデータセンターへのニーズが継続的に高まっており、IT事業者によるデータセンターの建設ラッシュが続いてきた。しかしながらここにきてデータセンターはやや供給過多の状況になっていると言われており、今後の需要と供給のバランスを予測するのが難しくなっている。またクラウドの登場により、データセンターに求められる条件が変化してきており、それもデータセンターに対する投資判断を難しくしている。本調査レポートでは、データセンター事業者、SIer、建設会社、設計事務所等にデータセンターの需給状況や投資動向を取材することで、今後のデータセンターに対する投資戦略を考える。

2015.01.16

2015 コールセンター市場総覧 ~サービス&ソリューション~

サービスに対する消費者の要求レベルの高まりによって、顧客との接点となるコールセンターの存在を重視する企業が増えている。本調査レポートでは、主要テレマーケティングサービス事業者23社と主要コンタクトセンター/CRMソリューションベンダ20社を直接取材し、各社の戦略を取りまとめるとともに、当該市場の現状と将来を分析した。今回のレポートでは、掲載企業数を増加させた他、テレマーケティングサービス事業者に対しては「顧客情報流出への対策」「人材不足の影響と対策」「マイナンバー制度の影響と対策」「アライアンス戦略」などを新たにヒアリング項目として加え、コンタクトセンター/CRMソリューションベンダに対しては「SaaS型ソリューションへの取り組み」、「VOC分析への取り組みと内容」を新たなヒアリング項目として加えた。またSaaS型コンタクトセンターソリューションの市場規模及びシェアも掲載した。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422