矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Yano ICT調査レポート

発刊レポート一覧


2015.12.07

2015 国内企業のIT投資実態と予測

本調査レポートは、国内における民間IT投資市場規模を推定するとともに、国内のIT投資実態について民間企業を中心(一部自治体等含む)に調査することで、日本のIT市場の現状および今後の動向について分析するための基礎資料とする。

2015.11.26

2015-2016 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場へ参入している業界はSI、コールセンター、人材派遣、印刷、コンサルティング、倉庫など多岐に亘る。BPOは欧米と比較して日本での活用事例は少ないものの浸透しつつあり、国内における人材不足の影響や外資企業の日本市場参入などを背景として今後の需要拡大が期待できる。そのため、多くの事業者がBPOに取り組み、自社のサービス範囲の拡大に努めている。本調査レポートでは、BPOの「専業者」のみならず、「IT系BPO事業者」、「印刷系BPO事業者」、「コールセンター系BPO事業者」、「会計系BPO事業者」、「事務書類系BPO事業者」、「人事系BPO事業者」、「人材派遣系BPO事業者」、「オフショア系BPO事業者」、「倉庫系BPO事業者」、「福利厚生系BPO事業者」、「DM系BPO事業者」、「営業系BPO事業者」、「マイナンバー対応BPO事業者」など多様なタイプの「BPO事業者56社」に取材しており、内容の充実化に努めている。また、今回の調査レポートでは、BPOサービスを「IT系BPO」、「コンタクトセンター」、「ヘルプデスク」、「フルフィルメント」、「人事」、「福利厚生」、「総務」、「経理」、「購買・調達」、「営業」、「コア部門の単純業務」、「業界固有業務」、「その他」の「13セグメント」に分け、市場規模を予測した(2013年度~2019年度)。さらに、「主要BPO事業者」の事業規模及びシェアも推計している(2013年度~2019年度)。その他、新しいトピックとして「マイナンバー対応BPO」について取り上げた。

2015.11.10

2015-2016 事業継続/防災ソリューション市場の実態と展望

東日本大震災以降、事業継続/防災対策に取り組む企業が増加傾向にある。さらに、2020年のオリンピック・パラリンピック開催地が東京に決まったことで、多くの企業が事業継続計画の見直しに取り組む可能性が出てきた。それは、オリンピックでは、「テロ」以外にも、大量に押し寄せる観光客による交通網の麻痺や、通信回線のダウンなど、諸々のリスクが想定されるためである。本年版の調査では「サイバーテロ対策」である「情報セキュリティサービス」についても取り上げた。

2015.10.23

2015 ヘルプデスクアウトソーシング市場の実態と展望

本調査レポートでは、テクニカル系ヘルプデスクサービスについて取り上げた。テクニカル系ヘルプデスクサービスとは、業務システムや社内のIT機器に関する質問や問い合わせ、要望、不具合などへの対処要請などを電話等を経由して受け付けるサービスであり、提供事業者は「コールセンター事業者」や「システム運用保守サービス提供事業者」などである。

2015.09.11

2015 本格化するインドアロケーション関連市場 ~屋内位置情報の最新技術動向とビジネス展望~

スマートフォン普及に伴い注目を集める屋内測位技術および屋内地図情報を活用したインドアロケーション関連市場について、その市場動向およびサービス/ソリューション提供事業者の取組動向の把握を目的とした。

2015.09.07

2015年度版 国内携帯電話市場レポート-立ち上がるMVNO・SIMフリー市場-

国内の移動体通信サービスは成熟期に入り、新規契約の伸び鈍化が顕著になってきた。一方でMVNO(仮想通信事業者)の低価格サービスやSIMフリー端末への注目度が上がっている。2015度版では2020年を見据えた将来予測を行うと同時に直近の国内市場の動向を纏めた。

2015.08.31

2015 ITアウトソーシング市場総覧 ~オンサイト運用保守/データセンター/クラウド~

ITアウトソーシングサービス市場では、これまで安定的な収益源であった「オンサイト保守サービス」市場がハードウェア単価の低下によって縮小傾向にあるため、「データセンターサービス」や「クラウドサービス」を含む「運用サービス」に力を入れる事業者が増加するなど、市場のセグメント構造が変化している。本調査レポートでは、「オンサイトハードウェア運用」「オンサイトソフトウェア運用」「オンサイトハードウェア保守」「オンサイトソフトウェア保守」「ハウジング」「ホスティング」「データセンターハードウェア運用」「データセンターソフトウェア運用」「データセンターハードウェア保守」「データセンターソフトウェア保守」「IaaS(Infrastructure as a Service)」「PaaS(Platform as a Service)」「SaaS(Software as a Service)」の13のセグメント別に市場規模の将来予測(2013年度~2018年度)を実施した。またそれぞれのセグメント別の主要参入事業者のシェアを推計した。

2015.08.17

2015年版 国内クラウドファンディングの市場動向

海外においては、新たな資金調達チャネルとして、あるいは新たな投資商品として定着しているクラウドファンディングは、現在我が国において、新規・成長企業等に対するリスクマネー供給の促進を図ることが不可欠であるとし、政府の「日本再興戦略」において、資金調達の多様化(クラウドファンディング)が提言されているところである。こうした中、近年急速に認知度が上がり、利用者が拡大しているが、参入業者の事態やプレイヤー数、マーケットサイズ等々業界規模を示すものが全くない状況であることから、業界の実態及び動向の把握に努め業界認知の向上に資することを目的とする資料を作成した。

2015.07.31

2015 社会インフラ向けICT市場の実態と展望

国内における社会インフラ事業に関して、インフラ分野ごとの現状把握、事業構造分析を踏まえた上で、社会インフラにおけるIT需要及び2020年を目処としたインフラITの中期需要予測を行う。併せて主要IT事業者の取り組みや、特にインフラITモニタリングの可能性などを明らかにした。

2015.07.31

シェアリングエコノミー市場の実態と展望 ~自動車・賃貸・旅行・衣料・人材・金融業界を変革する共有経済~

欧米ではシェアリングエコノミーサービスが普及している。2014年には日本にも「Airbnb」「Uber」といった大手シェアリングエコノミーサービス企業が参入してきており、国内でもシェアリングエコノミーサービスの概念が定着していくことが見込まれる。シェアリングエコノミーサービスは従来からあるレンタルサービスをインターネット上に移行したサービスとも言え、そのメリットとして遊休資産の収益化や環境保全などが挙げられる。シェアリングエコノミーの概念は広く、P2Pやコラボ消費に関連したサービス全般をシェアリングエコノミーサービスと呼ぶケースもある。本調査レポートでは、シェアリングエコノミーサービスの定義を「乗り物・スペース・モノ・ヒト・カネなどを不特定多数の人々とインターネットを介して共有するサービス」とし、シェアリングエコノミーサービスの登場が自動車・賃貸・旅行・衣料・人材・金融などの各業界に与える影響を分析、今後の方向性について言及した。

2015.07.28

2015 ビジネスプリンタ市場の実態と展望

長きにわたりご愛顧頂きました『出力機器市場総覧』が『ビジネスプリンタ市場の実態と展望』として生まれ変わりました。オフィス用、業務用のプリンタを中心に、サービス市場や技術動向などにもフォーカスし、モノ売りからコト売りへと変わりつつある市場を捉えてまいります。

2015.06.30

2015 IoT時代の製造業ITソリューション -インダストリ4.0など次世代ものづくりとITベンダの戦略-

IoT時代の製造業ITソリューションとして、Industrie4.0、Industrial Internetといった次世代のものづくりが脚光を浴びている。国内ではIoT/M2Mに注目があつまり、生産現場や機器にいかにセンサーを取り込むかという論点が主流だが、それ以上に重要なのはソフトウェアである。本調査レポートは、Industrie4.0など次世代ものづくりの解説とともに、それに向けたITベンダの戦略を分析する。

2015.06.30

ITベンダーのサービスデリバリー・販売チャネル新戦略

本調査レポートでは、有力ITベンダーの現状の販売体制及び変化、販売店・パートナー支援策、人材の育成・強化策、今後のチャネル戦略などを明らかにした。

2015.06.30

2015年版 商品券・ギフト券/ソーシャルギフト市場の実態と展望

本調査レポートでは、従来の商品券・ギフト券の発行事業者に加え、ソーシャルギフトサービスの提供事業者を対象に調査を進め、ソーシャルギフトの普及により、従来の商品券・ギフト券のニーズがどのように変化するか、そして、コミュニケーションをリッチにする新型のギフトサービスがどの程度ニーズを捉えていくかを把握することで、プリペイドギフトの方向性を展望した。

2015.06.10

2015 クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場の実態と展望

本調査レポートでは成長が続くクラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場を牽引するPaaSやエコシステム拡大の状況、などについて調査し、クラウドベンダーやクラウドインテグレーター、クラウドブローカーの現状や展望を考察した。

2015.05.28

2015-2016 携帯電話世界市場動向調査 -モバイル事業者の戦略と主要国分析-

本調査レポートは、東京オリンピック開催年の2020年を視野に携帯電話世界市場の将来展望を行う事を目的とした。

2015.05.18

2015 自治体向けソリューション市場の実態と展望 ~自治体別アンケート回答結果編~

本調査レポートは、2015年2月23日発刊の「2015自治体向けソリューション市場の実態と展望」で実施したアンケートの自治体別の回答票を掲載しました。自治体別にシステム導入状況などを把握できるレポートを作成することで、自治体向けソリューション市場の発展に貢献したいと考えています。

2015.03.30

2015 情報システム子会社の実態 ~アンケートからわかる子会社の経営状況と親会社との関係~

情報システム子会社の経営における参考指標を提供。情報システム子会社89社、親会社62社にアンケートを実施して情報システム子会社の経営実態を徹底分析するとともに、親会社の子会社戦略も調査。算出したデータから情報システム子会社のあるべき姿を検証した。

2015.03.10

2015 情報システム子会社の経営環境と戦略展望

クラウド化やオフショア化の進展などにより、情報システム子会社の存在意義が改めて問われ始めている。情報システムのあり方に変化が起こりつつある今、情報システム子会社にとってどのような経営戦略が望ましいのか。情報システム子会社18社を取材し、各社の戦略を分析。また親会社11社も取材し、親会社から見た情報システム子会社のあるべき姿も調査した。さらに情報システム子会社の社数、情報システム子会社の市場規模(売上高規模)などの推計も実施した。

2015.02.23

2015 自治体向けソリューション市場の実態と展望

「社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入」の影響により、公共分野においてソリューションへのニーズが高まっている。本調査レポートでは、自治体向けソリューションを提供する有力ベンダ12社を取材するとともに、地方自治体に対してアンケートを実施し385団体から回答を得た。ソリューションの提供側と利用側の双方から調査を実施し、自治体向けソリューション市場の実態把握と将来予測を行った。また今回は、自治体向けソリューション参入事業者126社の簡易個別票(ソリューション紹介)も掲載した。

2015.02.10

2015 データセンター事業の実態と投資動向

震災以降、事業継続対策を目的にしたデータセンターへのニーズが継続的に高まっており、IT事業者によるデータセンターの建設ラッシュが続いてきた。しかしながらここにきてデータセンターはやや供給過多の状況になっていると言われており、今後の需要と供給のバランスを予測するのが難しくなっている。またクラウドの登場により、データセンターに求められる条件が変化してきており、それもデータセンターに対する投資判断を難しくしている。本調査レポートでは、データセンター事業者、SIer、建設会社、設計事務所等にデータセンターの需給状況や投資動向を取材することで、今後のデータセンターに対する投資戦略を考える。

2015.01.16

2015 コールセンター市場総覧 ~サービス&ソリューション~

サービスに対する消費者の要求レベルの高まりによって、顧客との接点となるコールセンターの存在を重視する企業が増えている。本調査レポートでは、主要テレマーケティングサービス事業者23社と主要コンタクトセンター/CRMソリューションベンダ20社を直接取材し、各社の戦略を取りまとめるとともに、当該市場の現状と将来を分析した。今回のレポートでは、掲載企業数を増加させた他、テレマーケティングサービス事業者に対しては「顧客情報流出への対策」「人材不足の影響と対策」「マイナンバー制度の影響と対策」「アライアンス戦略」などを新たにヒアリング項目として加え、コンタクトセンター/CRMソリューションベンダに対しては「SaaS型ソリューションへの取り組み」、「VOC分析への取り組みと内容」を新たなヒアリング項目として加えた。またSaaS型コンタクトセンターソリューションの市場規模及びシェアも掲載した。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422