矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Yano ICT調査レポート

発刊レポート一覧


2012.12.28

2012-2013年度版 国内携帯電話・スマートデバイス市場レポート

国内市場は事業者各社の3.9世代携帯電話システム「LTE」の設備投資とスマートフォン、タブレットの人気に後押しされ、堅調な新規加入者の獲得実績を挙げている。しかし、携帯電話サービスの人口普及率は100%を超えており、2台持ちが進むものの今後は新規加入者の減少が見込まれ、市場環境は厳しさを増す見通しである。一方で海外から端末、サービスが流入しており国内の通信事業者、端末メーカーの収益環境は厳しさを増すばかりである。本調査レポートでは、スマートフォン、タブレットの市場動向を中心に2013年度の見通しと2014年度以降の予測を算出しました。

2012.11.26

アジア新興国でのソーシャルプラットフォームにおけるビジネス展望

アジア新興国におけるインターネット産業が急成長している。特に、ソーシャルメディアやオンラインエンタテインメントなど、ソーシャルプラットフォームを活用しての「ソーシャルコマース」が注目されている。本調査レポートでは、アジア新興国の中でも特に市場規模の大きい、インドネシア・インド・中国をピックアップする。現状・そして今後の「ソーシャルメディア」「ソーシャルコマース」関連サービスの成長分野、課題を分析し、将来予測を行った。

2012.11.14

2012-2013 スマートフォン・タブレット・エマージングデバイス世界市場動向調査

スマートフォン市場は2011年に大きく拡大し、現在は情報通信産業におけるメインプラットフォームの一角を占める。メーカー各社がスマートフォンに注力する一方で、(米)グーグルのAndroidを採用する(韓)サムスン電子「GALAXY」シリーズと垂直統合モデルで先行した(米)アップル「iPhone」が市場を席巻した。タブレット市場においてはアップル「iPad」が市場で先行するものの、AndroidOSを搭載したタブレットは伸び悩んでおり、(米)マイクロソフトの新型OSWindows8を搭載した製品が2012年秋季より市場に導入され、本格的な拡大が期待されている。新たな動きとして(米)アマゾンやFaceBookに代表されるネット企業が自社サービスの利用拡大を図るべく自社ブランド端末の導入・企画を進めていることである。今後、ユーザーの囲い込み施策が企業間競争を勝ち残る上で重要なファクターとなる可能性が高く、各社は取り組みに余念が無い。2012年版では市場環境が急速な変化を見せる中、プラットフォーム、メーカー、製品、市場毎の取り組みを徹底調査し、市場の見通しを展望することを目的とした。

2012.07.09

2012年度版 乗用車向けITSテレマティクス市場予測-ITS調査VOL.2-

2002年から調査レポート「ITSテレマティクス市場予測」の発刊を続けてきたが、今回2012年度版から商用車編と乗用車編とに分冊化した。分冊化した最大の理由はスマートフォンの車載利用が始まるからであり、今後はこれまでの自動車業界では考えられないような斬新なビジネスが誕生する可能性が高い。新たなアプリビジネス誕生の可能性は商用車、乗用車どちらに対してもいえることであるため、分冊化することで、より詳細に市場を分析・予測する必要性がでてきた。特に乗用車向けテレマティクスサービスにおいては、自動車メーカが車両購入時以外で直接顧客と接する数少ない機会であるため、世界中の自動車メーカは生き残りをかけて同事業を推進しようと図っている。そこにどのような形でスマートフォンが取り込まれていくのか、どのようなアプリが生まれ、どのようなプレーヤが誕生するのか、それは世界の地域別にどのような違いを持って成長していくのか・・・・などについて詳細に調査分析した。

2012.06.25

2012-2013 NFC(近距離無線通信)世界市場展望

日本では既におサイフケータイとして普及している携帯電話向け非接触ICカードサービスであるが、海外市場ではNFCとして国際規格で実用化がすすめられている。契機となったのは、急速に普及しているスマートフォンの拡大によってであるが、スマートフォン市場をリードするグーグル、アップル等がNFC普及に向けた取り組みを強化していることが背景として挙げられる。しかし、非接触ICカードのコアサービスである決済、電子マネーのシステム構築は一部の国や地域を除いて進んでいないのが実情で、本調査レポートでは主要市場の現状と見通しをベースに搭載端末の市場規模を模索した。

2012.05.31

ソーシャルメディアマーケティング支援ビジネスの実態

近年、Twitterなどのソーシャルメディアを使ったプロモーション活動を実施する企業が増えている。これに伴いソーシャルメディア上に投稿された口コミ情報を分析する事業者や、ソーシャルメディア専用ページを作りマーケティング活用のコンサルティングを実施する事業者などが出現している。本調査レポートでは、Webサイトのソーシャルメディアマーケティングを支援するコンサルティング事業者や、ソーシャルメディア上のクチコミ情報を分析する事業者の取組み動向をまとめ今後の市場性を展望した。

2012.03.30

2012年度版 商用車向けITSテレマティクス市場予測-ITS調査VOL.1-

本調査レポートは、デジタルタコグラフ、運行動態管理システム、ドライブレコーダ、リース車両向けテレマティクス、それらの複合機等の商用車向けテレマティクスを中心に、商用車向けテレマティクスサービス市場を2030年まで予測いたしました。

2012.03.19

2011-2012 出力機器市場総覧

本調査レポートは、「プリンタ・プロッタ市場の実態と展望」、「多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望」、「フォトプリンタ/インクジェットプリンタ市場の実態と展望」、「POD市場の実態と展望」を併せた更新版です。コンシューマプリンタからオフィスプリンタ、業務用プリンタと多岐にわたるプリンタを対象とし、出力関連機器の総合資料として企画いたしました。

2012.03.19

2011-2012 出力機器市場総覧【デジタル印刷機(POD対応機)編】

本調査レポートは、「出力機器市場総覧」よりデジタル印刷機(POD対応機)市場に関する内容を抜粋し、お求め易い資料として企画いたしました。

2012.03.19

2011-2012 出力機器市場総覧【多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX編】

本調査レポートは、「出力機器市場総覧」より複合機(MFP)市場に関する内容を抜粋し、お求め易い資料として企画いたしました。

2012.03.19

2011-2012 出力機器市場総覧【プリンタ・プロッタ編】

本調査レポートは、「出力機器市場総覧」よりプリンタ市場に関する内容を抜粋し、お求め易い資料として企画いたしました。

2012.03.19

2011-2012 出力機器市場総覧【フォトプリンタ/インクジェットプリンタ編】

本調査レポートは、「出力機器市場総覧」よりフォトプリンタ、インクジェットプリンタ市場に関する内容を抜粋し、お求め易い資料として企画いたしました。

2012.01.31

スマートフォン・タブレットPCアプリ市場のトレンドと中期展望

スマートフォン・タブレットPCが急速に普及しております。新しいデバイスの普及とともに、App Store、Android Marketなど、新しいソフトウェア・サービスの流通プラットフォームが立ち上がり成長し、音楽配信・電子書籍・ゲームなど既存のビジネスの枠を超え、マルチデバイス・クラウド・ソーシャルなど様々な要素を組み合わせた、新しいサービスも日々生み出されています。これらは、国内だけではなくワールドワイドで展開される市場である点も特徴です。個人事業主・ベンチャーから大企業まで世界中のディベロッパーがこぞって参入し、既存市場の構造も大きく変化しております。本調査レポートでは、市場実態・課題・市場のポテンシャルを捉え、成長予測を実施いたしました。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422