矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Yano ICT調査レポート

発刊レポート一覧


2010.12.10

2010-2011年版 リテールソリューション市場の実態と将来展望

本調査レポートは、POSシステムの動向だけではなく、リテ-ルソリューションを供給しているベンダー側から、リテールソリューションを導入している、ユーザー側までを徹底調査いたしました。さらに、レジスター、ハンディターミナル、流通(コンビニ)ATM、ポイントシステム、デジタルサイネージなど、リテール関連機器・システム市場を幅広く調査・分析したレポートとして企画いたしました。

2010.12.10

2011 システム保守サポートサービス市場の実態と将来展望

システム開発案件が減少する中で、保守サポートサービスはSIerの重要な収益源になっています。その一方で、今後クラウドコンピューティングの普及が進めば、ユーザ企業がシステムや機器を保有しなくなるため、保守サポートサービス市場は縮小するとも言われています。本調査レポートでは、注目される保守サポートサービス市場に関し、今後の予測と事業者の対応策をまとめました。

2010.12.06

2011 データセンター事業の実態と投資動向

景気の悪化によりシステム開発案件が減少していることに対応し、収益の安定化につながるシステム運用の提供に力を入れる事業者が増加している。本格的にシステム運用に取り組むには、データセンター設備が必要となるが、投資額が大きいため、それには慎重な判断が必要になる。さらに、クラウドの登場により、データセンターに求められる条件が変化してきており、それもデータセンターに対する投資判断を難しくしている。本調査レポートでは、データセンター事業者、SIer、建設会社、設計事務所等にデータセンターの需給状況や投資動向を取材することで、今後のデータセンターに対する投資戦略を提示した。

2010.10.30

IFRS対応動向とIT投資へのインパクト

2015年頃になるとみられる「IFRS(国際会計基準)」の日本の上場企業への適用は、企業会計にとって大きな環境の変化といえます。これにより、上場企業は日本独自の会計基準から、欧州を始め世界100カ国以上の国で適用されている会計基準=IFRSに沿って財務情報を作成し、公開することが義務付けられるためです。当然、会計システムやERPなど情報システムへの影響が予想されます。本調査レポートでは、IFRSに関連したIT投資に関するユーザ調査とIFRS関連ソリューションを扱うITベンダー調査の両面から、IFRS適用によるIT市場への影響を調査いたしました。

2010.09.30

2010年版 CAD/CAM/CAEシステム市場の中期展望

本調査レポートは、機械系CAD/CAM/CAE、土木・建築系CAD、EDA、PDM、2次元CAD、3次元CAD等を幅広く網羅し、業界随一の充実を誇る調査レポートとして、20年以上にわたりご愛顧いただいております。本年版も業界を20年以上調査し続けている研究員が面接取材を行い、CAD/CAM/CAE市場のプレイヤーの製品別売上データを掲載。現在主力となっている機械系3DCADをはじめ、同市場を総合的に把握いただけます。

2010.09.28

2010 ITアウトソーシングサービス市場の実態と将来展望

システムの新規開発案件が減少する中、SIerの多くが、継続収入につながるITアウトソーシングサービスに注力し始めております。本調査レポートでは、そうした注目度の高いITアウトソーシングサービス市場の実態を調査し、同市場の将来を展望いたしました。 また、本年版では、クラウドコンピューティング、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)など近年話題性の高いトピックを取り上げました。

2010.09.10

2010 コールセンター/コンタクトセンター市場の実態と展望

サービスに対する消費者の要求の高まりによって、顧客との接点となるコールセンターの存在を重要視する企業が増えております。本調査レポートでは、主要テレマーケティング・エージェンシーと主要コンタクトセンター/CRMソリューションベンダを直接取材し、各社の戦略を取りまとめるとともに、当該市場の現状と将来を分析いたしました。

2010.09.06

2010 ソーシャルメディアのインパクトと変貌する企業戦略

Twitter、ブログ、SNS、動画共有サービスなど、ソーシャルメディアサービス(以下SMS)が急速に普及しています。ソーシャルメディアは、個人だけではなく企業や団体が利用するケースも増えています。企業は従来のマス型のマーケティング戦略から、よりセンシティブで柔軟な戦略・対応への変化を求められております。SMSの伝播性を活用することで、今まででは難しかった分野やターゲットへの、プロモーション・マーケティングが可能となります。SMSは、市場や顧客にリーチする機会を大幅に広げる、有効な触媒として非常に注目されています。こうした影響は、BtoC型サービスを提供する企業はもちろん、BtoB型企業においても見られます。 本調査レポートではSMSにフォーカスし、企業はどのようにSMSを活用しているのか、どのような使い方が有効なのか、今後企業が対応すべきポイントは何か、事例を参考にしながら明らかにいたします。消費者調査では、SMSが消費行動や情報入手にどのような影響をもたらしているか、企業メディアに対する消費者の行動などについて分析いたしました。

2010.08.20

2010 国内企業のIT投資実態と予測

国内企業に対し、IT投資のアンケートを実施しました。有効回答は496社。いわゆるWebアンケート調査とは違い、法人企業に対し、郵送アンケート方式で実施しております。通常のWebアンケート調査では、そのアンケート主催サイトに登録している方からの声を集めることになりますが、本調査レポートでは母企業の情報システム部門や経営企画部門などに対しアンケートの回答をお願いしているため、企業部門の真実の声を知ることができます。本年度は、特にIT投資額に関する設問を充実させました。

2010.07.30

2010 ECサイト構築市場の動向とユーザニーズ

本調査レポートでは、ECの市場拡大が続く中で、ECサイトを構築しているユーザ企業を対象としたアンケート調査をもとに、ユーザニーズを明らかにいたしました。今年版では、パッケージベンダ・SIer調査を通じて、内容をアップデートするとともに、決済サービスに関する項目を追加いたしました。ECサイト構築・運営の実態とECサイト構築市場の現状と展望を包括的に把握いただけるレポートです。

2010.06.25

2010~11年版 ITSテレマティクス市場予測レポート -エコドライブ時代のITSアプリ可能性分析-

アジアなど新興国における低価格車が多くを占めるようになってきた今、最新技術をふんだんに使ったIT/ITS機能は搭載されにくいため、「クルマとITの融合領域」の中で、2010年現在輝きを放つ市場は少なくなっております。しかしながらこの状況下においても、商用車向けテレマティクスサービス市場には数少ないビジネスチャンスが存在すると見られております。 商用車向けテレマティクスサービス市場は自動車業界のみならず、ITベンダや通信業界、サービスプロバイダをも巻き込んで巨大市場に成長すべく動き出しております。 本調査レポートは、デジタルタコグラフ、運行動態管理システム、ドライブレコーダ、リース車両向け等の商用車向けテレマティクスを中心に、商用車/乗用車/歩行者向けテレマティクスサービス市場を2030年まで予測いたしました。

2010.06.22

サーバ仮想化ソリューション市場 急成長市場の実態とクラウドへの展望

近年、格段に信頼性を高め、急速に認知が広がった仮想化技術。ITコスト削減効果があるとされることから、この不況下においても仮想化ソリューション市場は成長しています。本調査レポートでは、仮想化ソリューション、中でもサーバー仮想化についてSIerを中心にインタビューを行い、市場の現状を把握・分析し、将来の展望を描きました。

2010.05.28

2010 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望

BPOとは、Business Process Outsourcingの略であり、企業における間接業務のアウトソーシングのことを指します。欧米では、競争力の強化を目的に、BPOの利用が進んでいます。 一方、国内では、非コア業務を複数の企業間で共有することで、競争力の向上を図ろうとする動きは少なく、BPOの普及が遅れているのが現状です。 しかしながら、SI事業者、コールセンター事業者など多様な事業者がBPO市場への参入を図っています。それは、事業者にとって業務請負であるBPOが、既存のサービスと同時並行で提供しやすく、事業領域を拡大しやすいサービスだからです。 本調査レポートでは、多様なプレイヤーが存在するBPO市場を調査し、その現状を把握するとともに、今後の市場を展望しました。

2010.02.26

2009-2010 ERP/CRM市場の実態と展望

エンタープライズアプリケーション市場の中核を成すERPとCRMの両市場を網羅する調査レポートです。10年以上の調査実績に基づく定番資料として、市場規模と中期展望、主要ベンダーシェア、市場トレンドなどを徹底調査しました。 本調査レポートでは、ユーザ企業の基幹システムへの投資動向の変化がERP、CRMの各市場にどのような影響をもたらしているかに注目しています。景気が冷え込むなか、ユーザ企業では厳しい環境を乗り切るための投資、費用対効果の高い投資が求められるようになっています。困難な局面に差し掛かり成長路線への回帰の道筋を探るERP、不況に立ち向かうためのツールとなり得るかが最重要ポイントとなるCRM、それぞれの市場動向を分析しました。更に、クラウドコンピューティングなど注目のキーワードとそのインパクトを詳説しました。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422