矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Yano ICT調査レポート

発刊レポート一覧


2010.12.10

2010 Web・ネットマーケティング関連ツール市場の現状と展望

「集客・誘引」後にコンバージョンのロスを少なくしたり、顧客単価を向上させたり、既存顧客を囲い込む施策の重要性が増しております。このような重要性に対する認知が進んだことで、サイトの課題を発見し各種施策を検討する材料となるアクセス解析/広告効果測定、「集客・誘引」後のコンバージョン率を高めるLPOやEFO、顧客単価をUPするレコメンデーション、サイトのユーザビリティを高めるためのサイト内検索、顧客の再訪問を促すメール配信など、様々なシステムやツール、サービスの導入・利活用が進んでおります。本調査レポートでは、市場拡大が著しい、企業のWebマーケティング活動を支援するこれらの主なツール・サービスの国内市場動向を調査し、その将来性を展望いたしました。

2010.11.19

2010-2011 携帯電話世界市場動向調査

リーマン・ショックに端を発した世界的不況は携帯電話市場を直撃したが、2009年第2四半期以降、力強い回復を見せ2010年は再び成長に転じました。その一方で、携帯電話市場は大きく変貌しています。代表的な例として、①3G導入の拡大 ②新興国・発展途上国の台頭 ③データ通信市場の拡大 ④PC系、クラウド系企業の新規参入 ⑤スマートフォン人気の拡大 ⑥ソーシャル系サービス・アプリケーションストアの利用者増加などが挙げられ、既存の携帯電話とは異なったメーカーが市場での影響力を急速に高めているのが現状です。本調査レポートは、巨大な世界市場の数値データを可能な限り、細かく明瞭化する事を目指し企画いたしました。

2010.09.06

2010 ソーシャルメディアのインパクトと変貌する企業戦略

Twitter、ブログ、SNS、動画共有サービスなど、ソーシャルメディアサービス(以下SMS)が急速に普及しています。ソーシャルメディアは、個人だけではなく企業や団体が利用するケースも増えています。企業は従来のマス型のマーケティング戦略から、よりセンシティブで柔軟な戦略・対応への変化を求められております。SMSの伝播性を活用することで、今まででは難しかった分野やターゲットへの、プロモーション・マーケティングが可能となります。SMSは、市場や顧客にリーチする機会を大幅に広げる、有効な触媒として非常に注目されています。こうした影響は、BtoC型サービスを提供する企業はもちろん、BtoB型企業においても見られます。 本調査レポートではSMSにフォーカスし、企業はどのようにSMSを活用しているのか、どのような使い方が有効なのか、今後企業が対応すべきポイントは何か、事例を参考にしながら明らかにいたします。消費者調査では、SMSが消費行動や情報入手にどのような影響をもたらしているか、企業メディアに対する消費者の行動などについて分析いたしました。

2010.09.05

2010~11年版 AR/TV・Web会議システム市場 -ビジュアル・コミュニケーション調査VOL.2-

本調査レポートでは、TV会議システム世界・国内市場、ASP型Web会議システム国内市場、Web会議システム国内市場、TV会議システムHD対応機国内市場など、TV・Web会議システム市場の市場規模推移予測・シェアを台数・金額ベースにて算出いたしました。またAR(拡張現実)システム関連事業者(プロバイダ/ツールベンダ/HMDメーカ/先進ユーザ、他)の動向も調査分析。時空間共有ツールとしてのビジュアル・コミュニケーション市場を分析いたしました。

2010.08.31

2010年度版 国内移動体通信市場動向調査 -急拡大するモバイルデータ通信サービスー

販売奨励金の廃止と新販売制度国内の導入により、国内携帯電話市場の構造は大きく様変わりいたしました。端末価格が上昇すると共に、通信事業者の囲い込み戦略により市場流動性が失われる格好となっております。端末市場についても、機能面での成熟化が進み、ユーザーの買い替えを促す要素に乏しい状態となりました。しかし、3G網の構築によるモバイルデータ通信サービスと、アップル「iPhone」に代表されるスマートフォン市場の本格的な立ち上がりによって、国内の情報通信市場が大きな変貌を遂げようとしています。また2010年はアップル「iPad」に代表されるタブレット型PCやアマゾン「Kindle」、ソニー「Reader」に代表される電子ブックなど通信機能を内蔵したデバイスが登場し、モバイルデータ通信市場の活性化が見込まれております。本調査レポートでは市場のシフトが進む中、市場の中期展望に焦点を充て、レポートいたしました。携帯電話加入者、ARPU、モバイルデータ通信利用者数、スマートフォンの稼動台数など2013年迄の予測データを掲載いたしました。

2010.06.25

2010~11年版 ITSテレマティクス市場予測レポート -エコドライブ時代のITSアプリ可能性分析-

アジアなど新興国における低価格車が多くを占めるようになってきた今、最新技術をふんだんに使ったIT/ITS機能は搭載されにくいため、「クルマとITの融合領域」の中で、2010年現在輝きを放つ市場は少なくなっております。しかしながらこの状況下においても、商用車向けテレマティクスサービス市場には数少ないビジネスチャンスが存在すると見られております。 商用車向けテレマティクスサービス市場は自動車業界のみならず、ITベンダや通信業界、サービスプロバイダをも巻き込んで巨大市場に成長すべく動き出しております。 本調査レポートは、デジタルタコグラフ、運行動態管理システム、ドライブレコーダ、リース車両向け等の商用車向けテレマティクスを中心に、商用車/乗用車/歩行者向けテレマティクスサービス市場を2030年まで予測いたしました。

2010.05.28

2010 デジタルサイネージソリューション市場

ディスプレイなどの表示機器の低価格化、通信インフラの整備・低価格化に伴い、デジタルサイネージと称される、家庭外(電車内や駅構内、ショッピングセンター内などが最たる例)でディスプレイなどを活用したポスターや案内板などが急速に普及しております。本調査レポートでは、デジタルサイネージについての市場規模の算出及び、各社で展開されているデジタルサイネージビジネスの紹介、戦略、将来展望等についてデジタルサイネージビジネスを様々な側面から捉えました。また、様々な業態の参入企業へヒアリングしたデジタルサイネージビジネスを網羅いたしました。

2010.04.30

2010-2011 スマートフォン/UMPC/ネット端末世界市場動向調査

本調査レポートでは市場がより複雑化するモバイルデバイスの世界市場について、各デバイスの2013年までの市場規模を予測すると同時に多面的な検証を実施いたしました。調査対象範囲としては、市場が急拡大する「スマートフォン」を中心にUMPC、PND、通信モジュール内蔵端末、データ通信モジュールなど「モバイルデータ通信端末」市場全体をカバーいたしております。モバイルデバイスは3Gの本格普及と、通信モジュール開発を背景に、市場の広がりを見せつつあります。特にスマートフォンは世界的なヒット製品に恵まれ、急速に市場を拡大させつつあります。その一方で競争は厳しさを増しており、パソコンメーカーが新規参入を図っています。PCやPNDについても通信モジュールの内蔵が本格化しつつあり、モバイル環境下でインターネットに接続する機器は飛躍的に増加する見通しです。

2010.03.18

2010年版 ネットワークカメラ/インテリジェントビデオ市場 -ビジュアル・コミュニケーション調査 VOL.1-

本調査レポートでは、ネットワークカメラ、カメラサーバ、DVR、NVR(ハード一体型ユニット/画像管理ソフト)、画像解析ソフト(顔認証や人数計測、動態検知など)に関する有力関連企業の事業展開状況ならびに市場展望等に関して、世界市場展開における有力企業を徹底調査。世界市場の今後の可能性を分析いたしました。世界のICT産業全体を巻き込んでの巨大な市場を構築しつつあるネットワークカメラ/インテリジェントビデオ(IVS)市場の可能性を明確化いたしました。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422